イタリアンの食材や習慣について

日本のイタリアンで人気のメニュー

日本でもイタリア料理は、イタ飯やイタリアンと呼ばれてさまざまなシーンで活躍しています。
おしゃれな高級イタリアンはデートで活躍しますし、カジュアルなイタリアンは女子会などにも最適です。
 
また、家庭でイタリアンを作られる方も多いと思います。

 

日本で人気のイタリアンのメニューは、
モッツァレラチーズとトマトのカプレーゼや魚介類のカルパッチョ、パスタなどです。
また、ピッツアやバーニャカウダなども高い人気があります。
イタリア料理は、素材の味をいかしたシンプルなお料理が特徴です。
イタリアンの代表であるパスタ料理は、さまざまなソースや食材と合わせて楽しめます。
日本のイタリアンは、オリーブオイルやトマト、魚介類を使用した料理が多いのも特徴です。

 

イタリアでは、地域によって料理にさまざまな違いがあります。
北部や内陸の地域では、フランス料理のような肉や乳製品を使った料理も多く食べられています。
現在イタリア料理は、イタリアだけでなく世界中で愛されている料理の一つです。

 

イタリアンでは、食事の際の口直しや皿のソースを拭って食べるためにパンが提供されます。
日本のお米のように、イタリアでは食事の際欠かさずパンが食べられます。
パニーノなどは、軽食として具材を乗せたり挟んだりして一品の料理として食べられています。
イタリアでは、パンにも地域によって発酵の仕方や味付け、形などに違いがあります。
またイタリア人は、全般的にスープなどで豆をよく食べます。
さらに、イタリア人は赤ワインや白ワインを食事の際よく飲まれます。
しかし、最近は若者のワイン離れが進み食事の際にワインを飲まないイタリア人も増えているそうです。

ショートパスタを使ったイタリアンで母親の味を作ろう

日本では、ショートパスタよりもロングパスタの方が人気が高く良く食べられています。
イタリアでは、ショートパスタも日常的に愛され食べられています。
そこで、日本でも一般的なショートパスタについて調べてみました。
ぜひ、日常の食卓にショートパスタを取り入れてください。

 

ショートパスタは、ソースの絡み具合や形成のしやすさを考えられたパスタです。
また種類も大変豊富で、形状は身近にある物を表現したものが多いです。
代表的なショートパスタは、ファルファッレやコンキッリェ、ニョッキ、ラヴィオリなどが有名です。
ファルファッレは蝶の形をしている為、部分ごとに違う食感が楽しめます。
また、トマトやクリームのソース、オイルなどとからめる事でさまざまな味を楽しめます。
コンキッリェは貝殻の形でサラダに使用したり、ソースと絡めたり、煮込み料理に利用したりします。
ニョッキは、ジャガイモと小麦粉で作られるのが一般的です。
野菜を練りこんだり、かぼちゃを使用する場合もあります。
ラヴィオリは、四角形をした詰め物入りの生パスタです。
詰め物は、肉やチーズ、野菜などを使います。
スープの浮き身に使用する事やソースをからめてオーブンで焼いて食べる事もあります。

 

ニョッキやラヴィオリは、生地や詰められる具材をご家庭で作られて楽しまれるのにも最適です。
イタリアでも、ラヴィオリは各ご家庭の数だけ種類があると言われています。
ご家庭でオリジナルパスタを作って、母親の味にしていきましょう。
イタリアでも、代々の母親によって料理の味が引き継がれています。

 

立川で人気の串揚げ えん

更新履歴


このページの先頭へ戻る