ワイン初心者は何から飲めばいい?

ワイン初心者は何から飲めばいい?

居酒屋で飲むお酒は、ビールやチューハイがほとんど、という人も少なくないでしょう。
私もよく新潟の居酒屋の個室で飲むお酒はビールばかりです。

 

ワイン初心者にとって、どんなワインを選べばいいのか難しいですよね。
ビールなら「ビール」と注文すればいいだけです。
ですが、ワインはいろんな種類のワインがあり、
料理によって合うワインと合わないワインがあったりします。
また年代によって大きく味が異なったり、
値段も本当にピンキリで、驚くほど高い値段のワインもあります。

 

初心者のために、ワインの選び方と飲み方を紹介したいと思います。
まずワインには、赤ワインと白ワインがあります。
赤ワインは黒ぶどうを使って造られていて、ワイン独特の渋みがあります。
白ワインは白ぶどうを使って造られていて、
果汁のみを発酵させてあるので、渋みがありません。

 

そのためワインの渋みが苦手だという人は、
白ワインから飲み始めるといいでしょう。
白ワインはボトルの色で、味を見分ける事が出来ます。
辛口は緑色のボトル、甘口は透明のボトルです。
ラベルと見ると、必要な情報が全て記載されています。
しかし初心者の場合は、そのワインの収穫年や、
生産地が分かっても、それが美味しいのかどうか判断出来ません。

 

無理にワインの知識を覚えるのではなく、
料理を注文し「これに合うワインは何ですか?」と教えてもらうのが一番です。
そして自分の好きな料理と相性のいいワイン、
また飲みたいと思ったワインは、その種類を覚えておきましょう。
そうやって、1つ1つ飲みながらワインの味を覚えていくといいでしょう。
高いワイン=美味しいというわけではなく、
安くても美味しいワインはいろいろあります。


このページの先頭へ戻る