イタリアンにはワインが最適

イタリアンにはワインが最適

イタリアは、ワインを飲まれる方が多いイメージがあります。
なぜなら、食事の際の飲み物としてワインを飲む方が多いからです。
しかし、イタリアで酔っ払いの方はあまりおられません。
なぜなら、イタリア人は飲めない方に無理にお酒を勧めるような事をしないからです。
また黄色人種の多くの方よりも、白人や黒人の方はアルコールを分解する力が強い事がわかっています。

 

日本でもイタリアンを食べる際には、ワインがよく飲まれています。
おしゃれなイタリアンにデートにでかけた際には、ワイン選びやマナーも大切です。
ワイン選びは、魚料理なら白、肉料理では赤が基本ですがワインの種類も多いので迷ってしまいます。
また、最近ではイタリアワインの品質が向上してきており人気も高くなっています。
しかし、イタリアワインは栽培される土着品種だけでも400種近くあり選ぶのも大変です。
そんな時は、ソムリエの方に相談するかイタリアのワイン法による分類を参考にして選びましょう。

 

ワインのマナーでは親指と人差し指、中指の三本でワイングラスの足を持ち、
乾杯の際はグラスをぶつけるのは避けましょう。
ワインが運ばれてきたらラベルの確認をおこない、
ソムリエが注いでくれた少量のワインでテイスティングをおこないます。
テイスティングは、まずテーブルにグラスをおいたままグラスを少し傾け
テーブルクロスに透かして色やゴミを確認しましょう。
香りの確認は、まずそのまま香りをかいで確認します。
その後、グラスを数回まわして空気に触れさせて再度香りを確認しましょう。
続いて、少量のワインを口に含み味の確認をします。
問題がない場合は、ソムリエに軽くうなずくかお願いしますと伝えます。

 

三宮のイタリアン風な個室居酒屋はこちら


このページの先頭へ戻る