白身魚のカルパッチョと白ワイン

白身魚のカルパッチョと白ワイン

イタリアンと聞いてあなたが思い浮かべる料理は何ですか?
ピザ、パスタ、カプレーゼ、バーニャカウダなど、いろいろ美味しい料理がありますよね。
イタリアンでよく使われる食材は、やはりトマトですが、実は魚もイタリアンは美味しいのです。

 

なぜなら日本と同じように、イタリアは海に囲まれた国なので、新鮮で美味しい魚介類が豊富だからです。
ではイタリアンの魚料理について紹介したいと思います。

 

白身魚のカルパッチョや、ホタテのカルパッチョなど美味しいですよね、
日本のイタリアンのお店では、魚のカルパッチョが一般的です。
そのため、日本人は「カルパッチョ=新鮮な生魚の前菜」というイメージが強いのではないでしょうか?

 

実は魚のカルパッチョは日本で発祥したものです。
本場イタリアでは、カルパッチョと言えば、生の牛ヒレ肉にチーズやソースをかけた、前菜の事をいいます。
イタリアンを日本人の口に合うように、アレンジしたものが、魚のカルパッチョという訳です。

 

考えてみれば、生の魚を食べるのは、刺身という食文化がある日本ぐらいなのかもしれません。
しかし、現在は、日本食ブームで刺身を好む外国人が増えてきています。
そのため、本場イタリアンでも、逆輸入という形で、生魚を使ったカルパッチョをメニューに出すお店が増えてきています。

 

ちなみに、鯛、ひらめ、すずきなどの白身魚のカルパッチョには、どのようなお酒が合うのでしょうか?
白身魚は淡白であっさりとしているので、白ワインやスパークリングワインがオススメです。
ただし、刺身的要素もあるため、日本酒との相性もよく、和洋折衷の組み合わせでも、美味しく頂けます。

 

 


このページの先頭へ戻る