イタリアンの習慣

イタリアンの習慣記事一覧

イタリアンの本場、イタリア人の食事習慣について

イタリア人は、食事を愛して楽しむ事にかけても有名です。そこで、イタリア人の食事習慣について調べてみました。イタリア人の多くは、朝は何も食べずコーヒーやカフェラッテだけ飲んで済ます方が多いそうです。または、飲み物とビスケットなどで済まされます。また、昼食は大体13時半から14時頃に食べ始めます。その為、イタリアのオフィスやお店などは12時半から13時頃にいったん閉まります。そして、15時頃に再びお店が開く事が多いです。つまり、13時から15時の間に昼食をとる方が多いです。すると、自然と夕食の時間も遅くなります。その為、イタリアのレストランは20時や21時過ぎから賑わいます。もし、イタリアの方と夕...
続きはコチラ

ピッツァは気軽なイタリアンの代表

イタリアンといえば、ピッツァを思いうかべる方も多いです。イタリアではピッツェリアでピッツァを食べる事が多く、速くて安くておいしいので多くの方が利用されています。イタリアのピッツァは、1人で1枚を食べます。また、ナイフとフォークを使用して1口サイズにして食べます。ピッツェリアの前菜の定番に、アランチーニと言うライスコロッケがありおすすめです。また、ナスのフライやピッツァの生地を揚げたものなども前菜として有名です。イタリア人の定番おやつとして、切り売りピッツァというものがあります。このピッツァは、パン屋さんや切り売りピッツァ屋さんで売っています。四角い大きな鉄板に、大きなピッツァが何種類も並べてあ...
続きはコチラ

イタリア人の料理を食べる時の習慣

習慣は国によって大きく異なります。例えば日本では、それが礼儀だと思ってしている行為が外国人にしてみたら、失礼にあたる行為の可能性もあるのです。ではイタリア人が料理を食べる際の習慣について、紹介したいと思います。イタリア人は、パンを使ってお皿のソースを拭き取ります。日本人にしてみたら、少し行儀が悪いとみなされる行為です。しかしイタリア人にしてみたら、料理が美味しいからこそ、最後までキレイに食べたいという気持ちの表れなのです。つまり美味しい料理に対する、称賛だと言えるでしょう。また、食器を洗う上でも、ソースがパンで綺麗に拭き取っている事で、使用する水や洗剤が少なくてすみエコですよね。イタリア人はパ...
続きはコチラ

イタリアン居酒屋にデートで行くときの注意点

恋人や好きな人と居酒屋に行くときは気を付けたほうが良いことがあります。それはあらかじめ行くお店を伝えておくことや無理に飲ませないこと、知ったかぶりはしないことです。イタリアン居酒屋に女性を誘ったときは、イタリアン居酒屋であることと店名を伝えておくようにしましょう。普通の居酒屋とは雰囲気が違いますので、お店に合わせた服装を考えさせてあげるためです。女性に恥をかかせてはいけませんのでしっかり伝えてあげましょう。イタリアンの定番のお酒と言えばワインやシャンパンですが、無理に飲ませるのは危険です。イタリアのワインやシャンパンはアルコール分が最低でも10%はありますので、女性は酔って取り乱すことがありま...
続きはコチラ

カフェ=エスプレッソ

イタリア人は、最低でも一日5回はエスプレッソを飲む、といわれています。イタリアではカフェ(コーヒー)=エスプレッソで、アレンジコーヒーも基本的にはエスプレッソがベースになっています。ですから、バルでカフェを注文すると、エスプレッソが出てきます。日本では一般的なアメリカンやブレンドは間違っても出てきませんので、旅行の際は注意が必要です。エスプレッソは、世界中にあるコーヒーの中でも、とても濃くて苦味が強いコーヒーです。イタリア人はこのエスプレッソを小さな専用カップであるデミタスに入れ、2〜3口で飲みます。ちなみに、カプチーノやカフェ・ラッテといった、エスプレッソにミルクが入ったものは、イタリア人に...
続きはコチラ

バルで憩う

イタリアには、バルがたくさんあります。バルは「Bar」と表記します。日本だと「バー」と読みますね。しかし、日本のバーとイタリアのバルには大きな違いがあります。朝も昼も夜も、イタリアの人たちにとって、バルは生活に欠かせない大切な場所なのです。ですから、イタリア全土で、バルは16万軒以上あるといわれています。カフェを飲み、ドルチェを食べ、食事をして、待ち合わせにも利用するし、お酒を飲むのもバルです。それから、お菓子やワインなどを買ったりすることもあります。日本のバーは基本的にお酒を飲むことを目的とした場所です。一方で、イタリアのバルは、カフェとバーの両方の機能を持った場所なのです。バルに立ち寄って...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る