チーズに合うワインとは

チーズに合うワインとは

チーズはフランスが有名、と思っている人も多いかもしれません。
しかしチーズの歴史は、実はイタリアの方が長いのです。
ちなみに、フランスはソフトタイプのチーズ、
イタリアは硬いタイプのチーズが主流となります。

 

例えばゴルゴンゾーラチーズの名前の由来は、
イタリアミラノの村の名前からつけられました。
またパルミジアノ・レッジャーノは、
イタリアでは非常に価値があるチーズで、投資対象になります。
そのため、チーズの貯蔵庫は銀行が管理しています。
そんな話を聞くと、イタリア人がどれだけチーズが好きなのか、よく分かりますよね。

 

イタリアン料理にもパスタやピザなど、
チーズが使用される頻度は多く、またワインとの相性も最高です。
ワインのおつまみは、チーズと決めている人も少なくないのではないでしょうか?
ワインを選ぶ時のポイントは、チーズとワインと同じ原産地で選びましょう。
原産地を揃える事をマリアージュと呼びます。

 

チーズは、白ワインが合わないという事はありませんが、
やはり赤ワインの方がチーズには合います。
そして赤ワインの中でも、フルーティーな赤ワインを選ぶといいでしょう。

 

チーズの味でワインを選ぶ場合は、
塩味が強い青カビタイプのチーズなら、ワインは甘口に。
そして乳脂肪分が高いチーズには、渋みがあるワインがお勧めです。

 

イタリアン料理では、ワインの知識に詳しいスタッフがいてますから、選んだチーズに対して、
「このチーズに合うワインを」と注文してみましょう。
ワイン選びは難しいので、素直に詳しい人に聞く事が、
料理との相性がいいワインを飲む事が出来る秘訣です。

 

川崎にある居酒屋の個室でもワインを楽しむことができます。


このページの先頭へ戻る