ピッツァは気軽なイタリアンの代表

ピッツァは気軽なイタリアンの代表

イタリアンといえば、ピッツァを思いうかべる方も多いです。
個室がオシャレな渋谷のイタリアンでも、ピザは人気メニューの一つです。
イタリアではピッツェリアでピッツァを食べる事が多く、
速くて安くておいしいので多くの方が利用されています。
イタリアのピッツァは、1人で1枚を食べます。
また、ナイフとフォークを使用して1口サイズにして食べます。
ピッツェリアの前菜の定番に、アランチーニと言うライスコロッケがありおすすめです。
また、ナスのフライやピッツァの生地を揚げたものなども前菜として有名です。

 

イタリア人の定番おやつとして、切り売りピッツァというものがあります。
このピッツァは、パン屋さんや切り売りピッツァ屋さんで売っています。
四角い大きな鉄板に、大きなピッツァが何種類も並べてあります。
そのなかからピッツァを選び、好みの大きさに切ってもらいます。
店先で売っている切り売りピッツァは小さめですが、そのままでは歩きながら食べにくいです。
その為、あらかじめ4つに折って紙に包んで渡してくれます。
すぐに食べるものなので、袋にも入れません。
ピッツァをテイクアウトしたい場合は、メニューでピッツァを選んで焼いてもらい専用の箱に入れて持ち帰る事ができます。

 

イタリアでは、ピッツァを食べるときにはビールを飲む方が大半です。
多くのイタリア人はお気に入りのピッツェリアとジェラテリアがあり、
それらのお店をローマで1番美味しいと言います。
それほど、それぞれの方がこだわりのお店を持っています。
薪窯で焼いたモチモチした耳と薄い生地がナポリピザの特徴です。
また、とても薄い生地がローマピザの特徴となります。


このページの先頭へ戻る