イタリアンのお勧め魚料理

イタリアンのお勧め魚料理

イタリアは日本と同じように、海に囲まれた国です。
そのためイタリアンには、新鮮な魚介類を使用した料理がたくさんあります。
ではどんな料理があるのかいくつか紹介していきます。

 

まずイタリアンでは前菜にも、魚介類が使用されます。
刺身のように魚を生で食べるのは、日本の和食だけだと思われがちですが、イタリアンのカルパッチョもそうです。
「鯛のカルパッチョ」は、ニンニクとオリーブオイル、塩とレモンで味つけします。
見た目にも華やかで、美味しく頂けます。
カルパッチョに使用する魚介類は、他にもかつおやホタテなどその時々の旬の魚介類が使用されます。

 

「いわしのカルピオーネ」は、イタリア版の南蛮漬けです。
本当に日本の南蛮漬けにそっくりな味がしますが、味付けに赤ワインのビネガーを使用しているのがポイントです。

 

「さわらの香草焼き」は、素材の味をいかしたシンプルな料理です。
イタリアンでは、ローズマリー、セージ、タイムなどのハーブがよく使用されます。
香草焼きは、さわら以外にもスズキや鯛などの旬の白身魚が使用されます。

 

「アクアパッツァ」は、魚介類をトマトとオリーブオイルと白ワインで煮込んだ料理です。
ブイヨンなどは使用されず、魚介類から出るダシをいかしたシンプルな味付けです。
そのため、切り身を使用されるケースもありますが、尾頭のついた小型の魚の方がいいダシがでます。

 

イタリアンは魚料理には白ワインと言われていますが、あくまでも基本の話です。
料理の種類によっては白ではなく、赤ワインが合うケースもあります。

 

ワイン系のお酒も美味しい立川 居酒屋はこちらですね。


このページの先頭へ戻る