イタリアンのお勧め肉料理

イタリアンのお勧め肉料理

イタリアは海に囲まれた国なので、新鮮な魚介類が豊富です。
そのためイタリアンには魚介類を使用した料理がたくさんあります。
しかし、イタリアンのコースでは、メインを肉料理と魚料理から選べるようになっているお店が多いですよね。
その日の気分で選ぶという人や、魚よりも肉の方が好きという人も少なくないでしょう。

 

ではイタリアンの肉料理について、いくつか紹介します。
まず日本のイタリアンのお店では、カルパッチョと言えば鯛やホタテやかつおなど魚介類をイメージしがちです。
しかし本場イタリアでは、カルパッチョと言えば肉の方が主流です。
生の牛肉を薄切りにし、チーズやソースをかけた肉料理です。

 

「ピカタ」は、薄切りの仔牛肉をソテーし、ソースをかけて食べる肉料理です。
イタリアンではピタカと言えば、仔牛ですが日本では豚や鶏でも食べられます。
アメリカではチキンピタカが定番となっていて、国ごとに国民の好みにアレンジされて食べられています。

 

「オッソ・ブーコ」は、仔牛の骨付きスネ肉をトマト、白ワイン、ブイヨン、ハーブで煮込んだ料理です。

 

よくイタリアンの肉料理には、赤ワインが合うと言われますよね。
しかしこれは、肉料理になら何でも赤ワインが合うという意味ではありません。
肉料理の味付けがスパイスをきかせた味付けであれば、スパイシーな赤ワインが合うという意味です。

 

 

 

つまり肉料理がどのような味付けをされているかによって、選ぶワインは違ってくるので注意が必要です。
なので、もし素材の味をいかしたシンプルな肉料理の場合であれば、白ワインが合うケースもあります。


このページの先頭へ戻る