魚介類の旨みを最大限に生かしたパエリア

魚介類の旨みを最大限に生かしたパエリア

パエリアは厳密に言えば、イタリア料理ではありません。
イタリアの隣の国、スペインを代表とする料理です。
しかし、日本にはあまりスペイン料理のお店は、身近なものではありません。
そのため、パエリアが食べたい場合は、イタリアンのお店で食べるという人が多いでしょう。

 

そしてパエリアの魅力と言えば、魚介類の美味しさを最も生かした料理であると言えるのではないでしょうか?
パエリアには具材として、魚介類が使用されているだけではありません。
魚介類の旨みが凝縮された出汁で、ご飯を炊き上げているわけです。

 

見た目の華やかで、大人数でシェアできる料理でもあるので、
パーティメニューにも最適だと言えるでしょう。
パエリアの味付けは、サフランと魚介類で作るものが定番ですが、
具材を変えてアレンジする事で、色んな味を楽しめます。
魚介類は、新鮮な海の幸を使った、ハマグリ、アサリ、イカ、エビ、タコ、白身魚などがオススメです。

 

そしてパエリアと一緒に飲みたいお酒は、迷う事なく、白ワインです。
なぜかというと、ハマグリやアサリを蒸し焼きにするために、
パエリアの味付けで白ワインを使用しているからです。
調理酒として白ワインを使っているからこそ、
パエリアと白ワインの相性は抜群だというわけです。

 

イタリアンのお店で食べるパエリアも美味しいですが、
実はパエリアはフライパン1つで簡単に作れる家庭料理です。
自宅で作るからこそ、味わえるパエリアのおこげの味は格別です。
パエリアが好きだという人は、自宅でも一度チャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

 


このページの先頭へ戻る