世界を席巻するパスタ

世界を席巻するパスタ

パスタといえばイタリアを代表する主食です。
小麦を粉にして麺状に形を整えるという非常にシンプルな食材として世界各国で食べられています。

 

パスタはもともと貴重な小麦を大胆に使用した贅沢な料理として食べられていました。
現在のようにトマトソースやチーズをかけて食べ始めたのは19世紀に入ってからです。

 

小麦が大量生産可能になった現代だからこそ、パスタは世界的に有名な料理として名を馳せたのです。
そんなパスタが現在では世界でどのように食べられているのかについて詳しく見ていきましょう。

 

パスタの最も基本的な食べ方は、塩やコショウ、オリーブオイル、トウガラシなどで味付けしたペペロンチーノです。
家庭はもちろんのこと、専門店でもいまだに食べられる人気メニューとなっています。

 

こうした基本的な食べ方から派生して、イタリア北部ではクリームを用いたパスタが、南部では魚介やトマトを使ったパスタが食べられるようになりました。
パスタの中でも特にアメリカやカナダでよく食べられているのがマカロニです。

 

チェダーチーズと塩コショウを絡めた食べ方は18世紀ごろからアメリカで始まったといわれています。
マカロニが見えないほどたっぷりのチーズで覆われたこちらの料理はアメリカで広く受け入れられ、現在でもアメリカのパスタ料理の定番となっています。

 

日本はイタリアと同様に北と南に長い国ですから、パスタの食べ方も地域によって異なります。
共通しているのはその土地の特産を具材に用いていることが多いという点です。

 

海に近い地域であれば魚介を、野山に囲まれている地域では山菜などの山の幸がふんだんに盛り入込まれています。
世界中の料理が食べられる居酒屋などを訪れた際には、ぜひ世界のパスタをご賞味ください。

 

料理が美味しくておすすめな居酒屋なら全席個室居酒屋 結粋 ‐YUI‐ 岐阜店です。


このページの先頭へ戻る