イタリアンといえばやっぱりピッツァ

イタリアンといえばやっぱりピッツァ

日本で最も有名なイタリアンといえば、
やはりピッツァを思い浮かべる人が大半なのではないでしょうか?
最近では、宅配ピッツァだけではなく、
イタリアンレストランや居酒屋など様々な飲食店でピッツァを食べることが出来ます。
五反田の居酒屋で個室があるお店のような、一見和食メインに見えるようなお店でもイタリア風のピッツァを提供していたりするものです。

 

今回は、イタリアンの定番であるピッツァについて知っておくとお得な情報を見ていきましょう。
ピッツァは大きく生地と具材という2つの要素によって構成されています。
ピッツァといえば具材に注目されがちですが、実は生地の食感で大きく二分されるのです。
モチモチした食感のものはナポリ風、カリカリに仕上げられた薄い生地はローマ風です。
イタリアンレストランによっては、生地の風味を選択出来るところもありますから、ぜひ食べ比べてみてください。
続いては具材に注目していきます。
最も有名なピッツァといえばマルゲリータではないでしょうか?
トマトとモッツアレラチーズ、バジルのみをシンプルに焼き上げたマルゲリータは、
古くからイタリアだけでなく世界中で愛されています。
具材が非常にシンプルな分、素材や生地の質、
焼き加減によってピッツァそのものの味が大きく左右されるのです。
チーズを堪能したいという人は、クアトロフォルマッジというピッツァを食べてみましょう。
こちらは、ゴルゴンゾーラをはじめとした4種類のチーズをたっぷり乗せたピッツァです。
チーズの配分によって塩辛さが変わってきます。
塩味が強いため、はちみつなどをかけて食べることを推奨しているお店も存在します。
ご紹介した以外にも、季節の野菜を使ったクアトロスタジオニや、

キノコや山菜が乗ったボスカイオラなど、美味しいピッツァは枚挙にいとまがありません。
イタリアンレストランやイタリアン居酒屋を訪れた際には、ぜひたくさんのピッツァを食べてみましょう。


このページの先頭へ戻る