イタリアン料理によく使用される食材

イタリアン料理によく使用される食材

イタリアン料理では、
和食ではあまり使用されない食材が使用されるケースがあります。
食べ慣れていないので、
最初は違和感を感じるものもあるかもしれません。
しかしイタリアン料理には、
その食材はマッチして、ワインともよく合います。

 

ではどんな食材がイタリアン料理で使用されるのか、いくつか紹介したいと思います。
「バジル」はトマトとセットで、イタリアン料理では、よく使用される食材です。
マルガリータの味のアクセントとなって、美味しいですよね。
バジルはシソ科なので、シソに馴染みがある日本人にとっては、
馴染みやすい食材なのではないでしょうか?

 

「オリーブ」オリーブオイルも、イタリアン料理には、欠かせない存在です。
オリーブオイル=脂っぽい、太りそうと、思う女性もいるかもしれません。
しかしながら、高級オリーブオイルなら、
そのまま飲んでも美味しく美容効果も高い食材です。

 

「ケッパー」は小さな花のつぼみをピクルスにしたものです。
魚の臭みを消す効果があるため、魚料理でよく使用されます。
酸味があり、アンチョビソースとの相性は抜群です。

 

イタリアン料理に合うお酒は、やはりワインですよね。
しかしワインが苦手だと、いう人もいるでしょう。
そんな人にお勧めしたいお酒は、シードルです。
シードルとは、リンゴを発酵させた発泡性のお酒で、
アルコール度数が低く、酸味と甘さがあり飲みやすいお酒です。

 

他にはスプモーニも、イタリア料理と相性がいいお酒です。
スプモーニはグレープフルーツベースのカクテルで、食前酒にお勧めです。
日本酒の中も、イタリアン料理に合うお酒はあります。
あまりイタリアン料理=ワインと拘らずに、
相性のいいお酒を探してみるといいかもしれませんね。

 

ヘルシーなイタリアンもいいけれど、たまにはがっつりと川崎の焼肉居酒屋を利用するのも良いですよ。


このページの先頭へ戻る