シーフードピザとビール

シーフードピザとビール

イタリアンでは、ピザの種類が豊富ですよね。
ソースやトッピングの種類が多すぎて、迷ってしまうという人も多いでしょう。
シンプルに、トマトソースとモッツアレラチーズとバジルの、マルゲリータが1番好きという人も多いでしょう。
その他にもベーコンやサラミなど、お肉系も合いますし、トマトのスライスやナス、ジャガイモなどの野菜も合います。

 

そして、魚介類が豊富なイタリアンだからこそ、忘れてはいけないのが、シーフードピザです。
トッピングの具材は、エビ、イカ、ホタテ、スモークサーモンなどが人気です。
シーフードは、チーズやオニオンとの相性も抜群ですし、シーフードが具材になる事で一気にピザが豪華になります。

 

ピザは基本的に、イタリアンではコースに含まれるのはパスタで、ピザは含まれません。
そのため、ピザが食べたい場合は、単品で注文するといいでしょう。
または、あまり格式を重視しないカジュアルなイタリアンのお店では、コースでパスタとピザを選べる場合もあります。
なので、メニューで確認してみましょう。

 

そして、シーフードピザに合うお酒は、やっぱりビールです。
イタリアンと言えば、お酒はワインですが、
日本人なら、ピザの場合はビールがいいという人も多いでしょう。
ワインよりも、気軽に飲めるのが魅力です。
またビールの苦味が苦手という人なら、ディーゼルがオススメです。

 

ディーゼルはビールベースのカクテルですが、ビールとコーラを混ぜ合わせて作ります。
ピザにコーラの相性もいいのですが、コーラだと健全すぎて、
お酒を飲みたい、そんな時にディーゼルがピッタリです。

 

今回ご紹介したイタリアンとビールの組み合わせもいいですが、銀座で食べる和食もビールとよく合うので、ぜひ一度試してみてください。


このページの先頭へ戻る