イタリアンの本場、イタリア人の食事習慣について

イタリアンの本場、イタリア人の食事習慣について

 
イタリア人は、食事を愛して楽しむ事にかけても有名です。
そこで、イタリア人の食事習慣について調べてみました。

 

イタリア人の多くは、朝は何も食べずコーヒーやカフェラッテだけ飲んで済ます方が多いそうです。
または、飲み物とビスケットなどで済まされます。
また、昼食は大体13時半から14時頃に食べ始めます。
その為、イタリアのオフィスやお店などは12時半から13時頃にいったん閉まります。
そして、15時頃に再びお店が開く事が多いです。
つまり、13時から15時の間に昼食をとる方が多いです。
すると、自然と夕食の時間も遅くなります。
その為、イタリアのレストランは20時や21時過ぎから賑わいます。
もし、イタリアの方と夕食を楽しむ場合は予約の時間にも注意が必要です。

 

イタリア人が食べている普段の食事は、パスタや肉もしくは魚、野菜、パンといった取り合わせが多いようです。
パスタは、さまざまな種類があり地方によっても多くの違いがあります。
特に、イタリア人はショートパスタをよく食べます。
肉や魚は、焼いたものや蒸したものなどが多く、味付けもシンプルなものが多いです。
野菜は生食が多く、スープなどで豆をよく食べます。
食事の際は、欠かさずパンを食べます。
また、イタリア人の食卓に欠かせないのがワインです。
普段は比較的粗食のイタリア人ですが、外食の際は本当によく食べられます。
リストランテでの食事の際は、フルコースを楽しむ方が多いです。
またイタリア人は、このような時は食事全体にかける時間を非常にたくさん取ります。
食事自体は早い方が多いのですが、時間をかけておしゃべりを楽しみます。


このページの先頭へ戻る