イタリアンを代表するスープ料理

イタリアンを代表するスープ料理

イタリアンはフレンチなどと同様にコース料理として食べられることがよくあります。
そんなコースの前菜として人気なのがミネストローネです。

 

皆さんはミネストローネといえばどのようなスープを思い浮かべるでしょうか?
トマトの香りと色が強く感じられる赤い色のスープが最初にイメージされることでしょう。

 

確かにそれもミネストローネと一種ですが、イタリアではトマトを使わなくてもミネストローネとしてスープが提供されることがあります。
ミネストローネといえばトマトというイメージは、ミネストローネを輸入した海外ならではの食べ方といって良いでしょう。

 

イタリアのミネストローネは、日本でいう味噌汁のような立ち位置を占めています。
味噌汁の具材にはどのようなものを使いますか?

 

豆腐やわかめといった定番の具材はもちろんのこと、冷蔵庫にある中途半端な野菜やお肉を使い切るために具材として用いることも多いですよね。
イタリアのミネストローネはもともと家庭料理ですから、味噌汁と同様に非常に使い勝手の良いスープとして親しまれています。

 

トマトがある際にはもちろん使いますが、無くてもミネストローネとして成立するのです。
一般的な具材はトマトやニンジン、セロリといったイタリアンの定番野菜です。

 

それ以外にも、ベーコンでお肉の旨味を抽出したものやパスタを加えたものなど家庭によって味は様々です。
もっとボリュームを出したいときにはお米や豆といった食べごたえのある炭水化物を煮込むことも少なくありません。

 

今度イタリアンを提供する居酒屋やレストランを訪れた際には、ミネストローネに注目してみてください。
そのお店ならではの味付けや具材が使われていることがわかれば、イタリアンを食べるのがもっと楽しくなることでしょう。

 

私がおすすめするのは本場顔負けの藤沢 イタリアンです。


このページの先頭へ戻る