イタリア料理でよく使われる調味料とは?

イタリア料理でよく使われる調味料とは?

イタリアン居酒屋はお洒落ですし雰囲気が良いので、
飲んだり食べたりしているときは気分が良いですよね。

 

普通に飲んでいても美味しいワインやシャンパンですが、
気分が良いと更に美味しく感じるでしょう。

 

そんなイタリアン居酒屋でよく食べるイタリア料理には
様々な調味料が入っているのをご存知でしょうか?

 

イタリア料理にはオリーブオイルやバルサミコ酢が多く入っています。
オリーブオイルは圧倒的な生産量を誇っています。
このオリーブオイルは焼いたパンやサラダ、
グリルした魚や肉などに垂らして食べることが多くあります。

 

バルサミコ酢はイチゴやバニラアイスなどに
振りかけて食べることもあるのです。

 

このバルサミコ酢とは、
ブドウの果汁を煮詰めて樽で長期間に渡って熟成させています。
熟成期間が10年以上で伝統的なバルサミコ酢になり、
濃縮されて量が減っていきますので小さい樽に移し変えます。

 

一般的なバルサミコ酢は3年から7年くらいで、
長いものは200年という熟成期間があるのです。

 

そして長期熟成されたものは高級バルサミコ酢となり、
グラムあたりの単価がトリュフに次いで高くなるとされています。

 

熟成期間が短いものはカラメル色素を入れることがありますが、
カラメル色素を入れることによって
長期熟成したバルサミコ酢に近い風味と甘さが出るからです。

 

ちなみにカラメル色素入りのバルサミコ酢を使うときは、
弱火で混ぜながら半量まで煮詰めます。

 

このようなイタリアの調味料の話題で盛り上がりながら、
イタリアン居酒屋で過ごしてみてはいかがでしょうか。
蒲田での貸切パーティでも、味付けにこだわった料理が楽しめるはずです。


このページの先頭へ戻る